給与規程

株式会社 チック&ヘン

給与規程

第1章 総則
(目的及び適用範囲)
第1条この規程は、株式会社チック&ヘン(チックアンドヘン)の、職員の給与に関する取扱いについて定めるものとする。
2前項の職員とは、就業規則第に定める職員のうち期間の定めのない職員(以下「正規職員」という)をいう。
3正規職員以外の臨時職員の給与については、別途定めることとする。
(給与の種類)
第2条職員の給与は、基本給及び第4章に定める手当とする。
(給与の締切及び支払日)
第3条給与の締切期間は、毎月1日から当月末日までの1ヶ月とし、その期間分を翌月10日に支払う。ただし、当日が休日の場合にはその前日に支払う。
(給与の計算方法)
第4条欠勤、遅刻、早退又は外出等により、所定の勤務時間の全部又は一部について業務に従事しなかった場合は、その従事しなかった時間に対する給与は支給しない。
ただし、別に定めがある場合は、その定めによる。
2新たに採用された職員及び昇給した職員の給与は、発令の日から日割り計算による。月の途中での休職、退職の場合も同様とする。
3日割りの計算の方法は、次のとおりとする。
基本給×12÷年間所定勤務日数=日割り単価
日割り単価×実勤務日数=支給額
(支払方法)
第5条給与は、通貨又は銀行振込で職員にその全額を支給する。ただし、法令により定めのあるもの及び職員の過半数を代表する者と書面により協定したものは、これを控除して支払う。
(非常時払い)
第6条第3条の規定にかかわらず、次の各号のいずれかに該当する場合には、職員又は遺族の請求があれば給与支払日前であっても既往の労働に対する給与を支給する。
(1) 職員及び職員の扶養家族の結婚、出産、疾病、災害及びやむを得ない理由による1週間以上の帰郷
(2)職員が死亡し、解雇され、又は退職した場合
(3)その他やむを得ない事情があると施設長が認めた場合
(休職期間の給与)
第7条休職期間中の給与は支給しない。ただし、施設長が特別の事情があると認めた場合は、この限りではない。
第2章 基本給
(給与形態及び基本給額)
第8条職員の基本給は、月給制とする。
(初任給)
第9条職員の初任給は、年齢、学歴、能力、資格の有無及び職務内容等を勘案し、各人ごとに別表の初任給格付基準表に基づき決定する。
2職員となる前の職歴等の経験年数については、別表の経験年数換算表に基づき換算する。
(等級の変更)
第10条昇格、職種の変更等により現に受けている給料表の等級に変更が生じた場合は現に受けている給料を下回らない号給とする。
第3章 昇給
(定期昇給)
第11条定期昇給は、毎年1回を原則とし、その時期は毎年4月により行う。
(特別昇給)
第12条勤務成績が優秀な場合等、理事長が必要と認めた場合は、定期昇給の他、特別昇給をさせることができる。
(昇給制限)
第13条次の各号に該当する者に対しては、昇給させないことがある。
(1)休職中の者
(2)勤務成績又は勤務能力の極めて劣る者
(3)年間欠勤率10%以上の者
第4章 手当
第17条職員に対し、法定労働時間を超えて就業させた場合には、次の手当を支払う。
超過勤務手当
(1)1ヶ月60時間以下の時間外労働について
時間単価×1.25×超過勤務時間
(2)1ヶ月40時間を超える時間外労働について
時間単価×1.5×超過勤務時間
(休日勤務手当)
第18条職員に対し、法定休日に勤務を命じた場合には、次の手当を支給する。
休日勤務手当時間単価×1.35×休日勤務時間
(深夜勤務手当)

(通勤手当)
第19条交通機関利用者の通勤手当は、通常利用する交通機関の1ヶ月定期による金額で計算する。ただし、限度額は20,000円とする。
(資格手当)
第20条職員が現職種と関係のある資格を取得し、施設にとって役立つと認められた場合、別途定める金額を支給する。
この規程は、平成28年11月1日から施行する。
保育への取り組み
当社の各規定・規則
facebook
このページのトップへ