認可保育所と認可外保育所の違い

株式会社 チック&ヘン

認可保育所と認可外保育所の違い

許可保育園と許可外保育園の違いは国や各都道府県知事によって、許可を得ているか得ていないかの違いになります。

大きな違いは価格です。
許可保育園は厳しい審査基準(面積・保育士人数・給食など)をクリアした施設で、公費によって運営されていますので、許可外保育園に比べる料金がお安くなります。

ただ、施設の利用時間、入園時期、定員、入園基準(就労状況や家族構成)などに基準がありますので、申し込みの際は抽選になったりなど、許可外保育園に比べると、入園や預ける時間などにハードルがあります。

許可外保育園は一般的には「小規模保育園」とよばれる、小スペースで少人数で運営を行っている保育園や託児所がそれに該当することが多いです。

保育料金は許可保育園に比べると基本的に割高になりますが、24時間子供預かってくれたりする所も多く、入園の基準(就労状況や収入・家族構成)などが特にありませんので、料金のお支払が可能な方であれば、園が定員になっていなければ、すぐに入園できることが多いです。
※入園手続きも許可保育園に比べると簡素な場合が多いです。

親御さんのお仕事のお時間や状況に応じて、家庭に合った保育園を早い段階で探していきましょう。

保育への取り組み
当社の各規定・規則
facebook
このページのトップへ