大阪市中央区ってこんな街(街の説明)

株式会社 チック&ヘン

大阪市中央区ってこんな街(街の説明)

歴史と文化が同時に存在する大阪中央区
古来より、商業の街として栄えてきた大阪は日本では初めての都市となる難波宮、大阪城が点在する市街地です。
現在も大阪の中心部として経済が活発に展開されています。

商店街や飲食街も栄えていて、毎日のように賑わいを見せる大阪中央区には、大阪城だけでなく歴史的遺産や著名人にまつわる神社も多く、観光地としても有名な街です。

大阪公園を中心とした広大な緑を都民の癒しの場として提供し、たくさんの行事をするなど、新しい日本の都心部として活気あふれる国際都市作りを推進しています。
大阪のシンボル大阪城
日本の三大名城である大阪城は、豊臣秀吉により築城されました。

多くの城が戦火の被害を受けた中、戦前の城が健在するのは非常に珍しい事です。

有形文化財としても国に登録されていますが、海外でも大阪城の美しさと戦国の歴史を物語るその雄々しい姿は侍の歴史をありありと感じさせます。
みどりの街作り
緑の少ない都心では、ビルが立ち並び人々が足早に歩く風景が見られます。

大阪市中央区では、「種から育てる地域の花づくり」活動を行っています。

中央区の住人たちが自らの手で種から花を育て、花に囲まれた美しい街作りに参加することで、気持ちにゆとりを持ちながら自分達の住む街を愛していく為です。

色々な場所に花を植え育てる事で、大人だけでなく子供たちにも生命の美しさと大切さを教えるために非常に有効で素晴らしい運動をおこなっています。
相撲との関わり
国技である相撲は、江戸時代には盛んに大阪で開催され市民の楽しみの一つでした。

谷町で相撲取りが診察を受けた時に医師が診察代金を受け取らなかったことから「タニマチ」の言葉が生まれたという説もあります。

まさに人情に溢れた大阪人ならではのエピソードですね。

江戸時代、船場商人が活躍し、商業の街として栄えてきた中央区は、物作りの街としてもそうですが、江戸時代の文化を感じさせる寺院が多く、賑やかなイメージと歴史を感じさせる素晴らしい街なのです。
保育への取り組み
当社の各規定・規則
facebook
このページのトップへ